最新情報はメルマガにて日々発信しております。
こちらはダイジェスト的なものですので、是非メルマガにご登録ください。


11月27日22時更新

608 名前: 以下、VIPがお送りします 投稿日: 2005/11/21(月) 17:01:25
こんな記事もあったんだな。写真つき

人権擁護法案反対集会 櫻井よしこ氏ら講演 2005/11/20

11月16日。東京都・永田町にある星陵会館で、人権擁護法案反対集会が
開かれた。「人権擁護法案に反対する全国地方議員の会」と「日本会議
首都圏地方議員懇談会」が主催したこの集会は、ジャーナリストの
櫻井よしこ氏による基調講演のほか、来賓や地方議員などの発言も行われた。
http://www.janjan.jp/living/0511/0511195320/1.php


探偵ファイル STOP!人権擁護法案 〜悪法絡みの政治家達〜 11/23 UP
http://www.tanteifile.com/diary/2005/11/23_01/index.html
次回、ジャーナリスト桜井よしこ氏が吠える!

【社会】「人権侵害された」 "君が代、信仰で拒否"で卒業式欠席の生徒、
弁護士会に人権救済申立て★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1132734418/l50

国歌を歌ってはならない、なんて宗教があるのですか。

569 名前: 453 投稿日: 2005/11/25(金) 10:22:34 ID:rrYn1D000
GJなので、既女から拾い

286 :自治スレでローカルルール変更議論中 :2005/11/25(金) 05:48:17

9.11選挙前に「人権法」の話と「嫌韓流」でパァ〜っと目が覚めた
肉労青年2人と、一昨日、道端で会いました。
寮の約30名で「嫌韓流」を回し読みし(買えよですが)皆、
ご立腹されたそうで。その後自然と数人で集まり人権法等の議論?をしたり、
両親や友人に説明し、解ってくれない親と喧嘩した奴、立派になったと
誉められた奴がいる。などの話をしてくれました。

今後の参考に、人権法のどの問題点にピンと来たかを聞いたところ
トルシエがW杯の代表から俊輔を外した理由がわかったから。
そんな危険な層化が推進してる法案はやっぱかなりやばいんだろう。
サッカー好きの友達にはこれだけで充分効いた。
だそうです・・・・・・・・・。参考にならなかった。

鳥取の件も知ってくれてたんで、集める2種もスムーズかなと
期待してみたり。別れ際に、破顔一笑「頑張りましょう!」と
言ってくれたのが嬉しかったです。おわり

203 名前: 他力本願民族へ 投稿日: 2005/11/24(木) 18:17:40
人権擁護に反対するとは、日本人も落ちたものだ。w

204 名前: マンセー名無しさん 投稿日: 2005/11/24(木) 18:41:49
>>203
キミは「ビール」と書かれたラベルの貼られたビンに、
小便を入れて売ろうとしてる人間を止めないのか?


(VIPまとめより)
ビールを売ろうとして、間違えて小便を入れてしまったのではなく、
最初から小便を売ろうとして、適当な飲み物のラベルを貼ったのだ。
しかも、それが小便であるとバレると、「小便は身体に良い」と言い出した。

506 名前: 以下、VIPがお送りします 投稿日: 2005/11/20(日) 22:04:03
>>505
ネタ元は朝鮮日報のこの記事。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/07/18/20020718000000.html

在韓米軍が人権委の調査に「応じない」

部隊に侵入したインターネット放送局の記者らに人権を侵害する行為を
したとの疑いで、先月末、国家人権委員会に陳情が受理された在韓米軍が
人権委員会の調査に応じなかったことが分かった。

18日、国家人権委員会が明らかにしたところによると、在韓米軍第2師団は、
人権委員会が8日に師団長宛てに資料提出要求書と書面調査書を送ったのにも
関わらず、提出期限の15日までいかなる公式の通知も行わなかったという。

これを受け、人権委員会は同日再び第2師団長宛てに資料提出要求書と
書面調査書を発送し、25日までにこれに応じるよう要請した。

 人権委員会は在韓米軍側が2回目の要求にも応じなかった場合には、
「正当な理由なしに資料などの提出要求及び事実照会に応じなければ、
1000万ウォン以下の過料を科す」として人権委員会法に基づいて
過料を科す案も検討している。

木村仁 自民党法務部会長(外国人参政権反対派)
TEL:03-3508-8620 FAX:03-5512-2620
hitoshi_kimura01@sangiin.go.jp(東京事務所)
  TEL 096-340-0228 FAX 096-340-0226
  kimurah@ad.sysken.or.jp(熊本事務所)

杉浦正建 法務大臣(自虐史観の人)
http://www.seiken-s.jp/form.html
TEL:03-3508-7124 FAX:03-3597-2771
電話 0564-25-2345 Fax 0564-25-3569
info@seiken-s.jp

河野太郎 法務副大臣(外国人参政権反対派)
http://www.taro.org/contact.html
TEL:03-3508-7006 FAX:0463-36-7778

中川秀直 自民党政調会長(人権法案推進派)
TEL:03-3508-7295 FAX:03-3508-3505
h03056@shugiin.go.jp

鈴木俊一 自民党人権問題調査会長(古賀氏の後任)
TEL:03-3508-7314 FAX:03-3502-5880

●新聞社説のまとめ

 法案の問題点の一つは、人権侵害の定義があいまいなことである。
「不当な差別、虐待その他の人権を侵害する行為」とされている。
だが、この規定では、例えば拉致事件に関し、在日本朝鮮人総連合会の活動を
批判する政治家の発言なども、「差別的言動」として
「その他の人権侵害行為」に該当する、とされかねない。現に発生した
人権侵害による被害だけでなく、これから発生する「おそれのある」もの
までが対象とされている。自由な言論・表現活動を委縮させる結果に
つながる恐れが大きい。(読売)
(註:安倍氏の発言「例えば北朝鮮出身者の人権を守っている
朝鮮総連の方々が委員になれば、私は真っ先に人権侵害を行っていることに
される危険性がある」)

 二つ目は、法務省の外局に置かれる人権委員会の権限が強大すぎることだ。
「特別救済手続」と称して、裁判所の令状なしに、関係者に出頭を求め、
質問することができる。関係書類を提出させたり、関係場所に立ち入ったり
することも可能だ。正当な理由なく拒めば、過料が科される。
これも運用次第では、言論・表現活動の場に、「弾圧」にも等しい権力機関の
介入を招き、調査される側の人権が不当に侵される恐れがある。(読売)

 三つ目は、地域社会の人権問題に携わる人権擁護委員の選任資格の問題だ。
法案には、現行の人権擁護委員法にある国籍条項がなく、外国人も
委員になることができる。懸念されるのは、朝鮮総連など特定の団体の
関係者が人権擁護委員になり、自分たちに批判的な政治家や報道内容について
調査し、人権委員会に“告発”するようなケースだ。(読売)
 民主党有志の「人権擁護法案から人権を守る会」も
同様な疑問を提起している。(産経)

 懇談会は、人権侵害の定義の明確化、人権委員会の権限抑制、
国籍条項の導入などを求めた。法務省は一部を除き、
根本的修正にはほとんど応じなかった。 (読売)
 旧法案のケースと同様に、日本新聞協会や日本民間放送連盟が
声明を出すなど、こぞって反発したのは当然である。人権侵害を
法規制する場合は、新たな人権侵害を引き起こさないよう公権力にきちんと
歯止めをかけることが基本であり、先決のはずだ。その点でも法案は
本末転倒である。(毎日)
 「差別」を口実とした市民生活への介入といえば、かつて「解同」
(部落解放同盟)が一方的に「差別的表現」と断定し集団的につるし上げる
「確認・糾弾闘争」が問題になりました。「糾弾」は学校教育や地方自治体、
出版・報道機関、宗教者などにもおよび、校長の自殺など
痛ましい事件が起きました。(赤旗)
 国連が示す国内人権機構のあり方(=パリ原則)とは異なる。公権力による
人権侵害を除外しており、最も必要性の高い救済ができない。(全国人権連)

(註:朝日新聞の社説のみが、解同が「人権擁護委員に就くことを」
想定している、「外国人が加わるのは自然なこと」である、「最大の問題は、
人権委員会の(政府からの)独立性とメディア規制である」という。)

 人権委員会は差別や虐待を強制的に調査し、被害者に代わって訴訟を
起こすこともできる。書類の提出や出頭を拒めば過料に処すなど、
権限は強い。それはいいのだが、人権委員会は法務省の
外局にすることになっていた。(朝日)


11月19日20時更新

速     報   11月17日更新(自由同和会)
http://www11.plala.or.jp/dowakai/sub7.html

1. 本日、毎年恒例の幹部研修会を自民党本部の8F大ホールにおいて
開催しました。自民党を代表してあいさつされた、人権問題等調査会長の
鈴木俊一・衆議院議員は「人権擁護法案は、与党、政府並びに自由同和会の
皆様方の長年にわたる取組の集大成であり、私といたしましても、
人権問題等調査会長として、党内のご理解を得て、早期に法案を
提出できるよう努めてまいりたいと考えております」と次期通常国会での
成立に意欲を示されました。また、シンポジウムでは、自民党の
全国会議員に対して行った、人権擁護法案に関するアンケートの
中間集計を報告しました。

○人権擁護法案について、賛成ですか、反対ですか

           衆議員     参議員      総 計

  賛成       56%       42%       54%

  反対        7%        8%        7%

  どちらでもない 37%       50%        39%


2. 自民党の人権問題等調査会の会長、副会長、事務局長が選任されました。

3.与党の人権問題等に関する懇話会のメンバーも内定されました。

自民党並びに与党からの正式発表まで氏名の公表はしません。

これで、自民党と与党の体制が整いましたので、次期通常国会での
成立に向けた取組が始まります。


(VIPまとめより)
「女性・女系天皇」世論調査に比べればマシか。

とりあえず、木村仁法務部会長(外国人参政権反対派)

TEL:03-3508-8620 FAX:03-5512-2620
hitoshi_kimura01@sangiin.go.jp(東京事務所)

TEL 096-340-0228 FAX 096-340-0226
kimurah@ad.sysken.or.jp(熊本事務所)


抗議先
鈴木俊一人権問題調査会長(古賀氏の後任)
TEL:03-3508-7314 FAX:03-3502-5880

きうちさんのサイトが新しくなっています。
http://www.kiuchiminoru.com/


11月16日20時更新

409 名前: 人権擁護法案反対集会プログラム : 2005/11/15(火) 17:13:04
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-186.html

櫻井よしこ講演(11/16)ー人権擁護法案反対緊急集会について
人権擁護法案反対緊急集会次第(案)     
                   平成17年11月16日
                   会場 星陵会館・午後3時〜
                   司会 松原成文(川崎市議会議員)

14:00  開 場
15:00  開会宣言  松原成文氏(川崎市議会議員)
       国歌斉唱  
       主催者挨拶 藤崎よしのり氏(首都圏地方議員懇談会会長)
       来賓挨拶  平沼赳夫氏(日本会議国会議員懇談会会長
     拉致議連会長、自民党・真の人権擁護法案を考える会代表挨拶)
       国会議員紹介・地方議員紹介
15:25  講  演  櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)
15:55  質 疑 応 答(地方議員)
        古賀俊昭氏(東京都)、松浦芳子氏(杉並区) 、
       小島健一氏(神奈川県)、宍倉清蔵氏(千葉市) 、
       鈴木正人氏(埼玉県)
16:00  答弁    櫻井よしこ氏
       市民の会代表連帯のアピール(平田氏)
       鳥取条例反対署名アピール(中西氏)
   人権擁護法案反対を求める意見書要望 (渡辺 眞日野市議会議員)
       決議文朗読 上島よしもり世田谷区議会議員
16:30  閉  会(司会)

400 名前:エージェント・774 投稿日:2005/11/16(水) 18:20:03
本日、東京の星陵会館で開催された「人権擁護法案反対緊急集会」に
参加してまいりました。400人のホールが満員でしたね。
平沼赳夫議員や桜井よし子氏の心に響くような素晴らしいお話を
直に聞くことができて、とても有意義でした。仕事を休暇をとって
参加して本当に良かったです。また、会場には鳥取人権条例の反対活動を
されている若々しい皆様がいらしていました。本当にご苦労様です。
署名とカンパには協力させていただきました。KN氏も登壇されてましたね。
かなり緊張しているようでしたが、若々しい気合があって良かったですよ。
鳥取の活動をしている皆様も寒い季節を迎えますが頑張ってください。
これからも、できる限り応援いたします。

351 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2005/11/03(木) 19:09:30
  日 時   11月17日(木) 午後1時〜3時
  場 所   自民党本部8F大ホール
  規 模   700名

  テーマ 「人権擁護法案」の修正は必要か

    パネリストの予定者

        自民党政務調査会       海野 雅裕 審議役
        法務省人権擁護局      小山 紀昭 調査救済課長
        全国同和教育研究協議会   寺澤 亮一 前委員長


(VIPまとめより)
ソースなし?ということで掲載しておりませんでしたが、
検索したら自由同和会でした。
http://www11.plala.or.jp/dowakai/sub7.html

毎年恒例の幹部研修会の日程は下記のとおり
(中略)
定期中央省庁要請行動は、翌日の18日に実施する。

【鳥取】石黒会長の「人権条例修正発言」に各会派猛反発
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1132112577/l50

1 名前: ◆jsuaGAIDa2 φ(051117)φ ★ 投稿日: 2005/11/16(水) 12:42:57
鳥取県議会の最大会派、清風(十三人)の石黒会長が、九月定例県議会で
議員発議で成立した県人権侵害救済条例を修正する考えを示したことに対し、
県議会の各会派は十五日、「県民の不信感を募らせる」などと一斉に反発。
石黒会長が言及した十一月定例県議会での修正は困難な見通しだ。

石黒会長が所属する清風では、石村祐輔政調会長が十一月県議会での修正に
「問題点が明らかにされていないし、すぐに修正というのは難しい」と
十一月県議会への修正案提出の可能性を否定。「県が規則制定の議論を
進める一方で、条例の見直しを県議会が進めるのはおかしい」として、
県議会で条例見直しを検討するグループの設置も否定した。

一方、石黒会長の発言を受けて各会派は反発を強めており、
県議会自民党(十二人)の藤井省三会長は「石黒議員の発言は勇み足。
われわれは関知しない。 集まって行動しようという難しい問題であり、
各会派の政調会長でまとめて議論すべき。条例は成立し、すべては知事に
預けて適正な運用を求めている。知事が運用規則を決める委員会を
設置しようとしており、そこで問題が出てから動けばいい」と述べ、
早急な見直し議論とは一定の距離を置く考えを示した。

信(六人)の伊藤保政調会長は「執行部が運用規則に関する議論を進める中で
うまくいかない部分や問題点が出れば話し合うつもりだが、具体的なものが
ない現時点では修正は考えていない。九月議会で成立させて、
施行もしていないのに十一月議会で修正では、かえって県民の不信を招く」
と議会としての姿勢を問題視した。

公明党県議団(二人)も現時点での見直しは考えておらず、長岡和好会長は
「批判や反対意見は可決前から寄せられており、それを踏まえた上での成立。
石黒議員が見直すというなら、議会で審議した経緯を考え、共同提案者の
われわれに打診があってしかるべきだが、全くなかった」と批判している。

ソース
日本海新聞 http://www.nnn.co.jp/news/051116/20051116001.html

「正論」を立ち読みしてきました。
兵頭二十八さんは、

近代法では内心の自由は保障されている。
天皇ですら「人に嫌われない権利」は持たない。
(中略)スパイ防止法を作らねばならぬ。
このままでは特定アジアの仲間入りをしてしまう。

というようなことを言っていました。
「特定アジア」が出てきて笑った。
人権擁護法案の名前はないが、それ以外にないですね。
特アに対抗するため、日本の書籍を英訳してサイトにUPし、
情報戦をするというようなことも言っています。
仲間を募集中とのこと。

城内さんのインタビューは長いので、少しだけ読みました。

「ネットで反対運動が広がっている。これからも頑張りましょう。」


11月14日21時更新

■【主張】国連人権委 理解に苦しむ「差別」指摘
http://www.sankei.co.jp/news/051110/morning/editoria.htm

 国連総会第三委員会(人権)で、ディエヌ特別報告者(セネガル)は
日本に在日韓国人、朝鮮人への差別や同和問題が存在すると指摘した。
これを受け、近隣諸国が一斉に日本を批判した。

 とりわけ問題だと思われるのは、中国代表の「悪名高い東京都知事らの
人種差別主義的な発言がある」という発言である。ディエヌ氏も
「外国人差別的な東京都知事の発言に日本政府がどういう立場を
取っているのか、説明を求めたい」と中国に同調した。

 石原慎太郎・都知事を指すとみられるが、どんな発言が
差別的とされたのか、よく分からない。日本の一部新聞は
平成十二年四月の「三国人」発言を例示しているが、そうだとすれば、
誤解を多く含んだ批判である。

 石原知事は自衛隊の式典で、「不法入国した三国人、外国人」による
凶悪犯罪が多発している事実を指摘したが、通信社が「不法入国した」
という部分を省いて報じたため、「三国人」という言葉だけが
誇張されて世界に伝えられた面が強い。

 また、平成十五年十月の集会で、石原氏が日韓併合を
「私は百パーセント正当化するつもりはない」と述べたのを、
一部民放は「百パーセント正当化するつもりだ」と誤報した。

 日本のマスコミの一部に、特定政治家の発言の真意を伝えず、
片言隻句をとらえて批判する風潮がある。こうした一面的な報道に基づいて、
日本に外国人差別があると指摘しているのなら、筋違いの批判である。

 国連総会第三委員会では、欧州連合(EU)が拉致事件を含む北朝鮮の
人権侵害を非難する決議案を提出し、今月末までに採決に付される予定だ。
第三委員会では、この問題こそ真剣に議論されるべきではないか。
中国も国内で人権問題を抱えている。

 日本は平等の思想が普及し、障害者らを思いやる意識も高まっている。
日本代表も「何らかの形の差別が存在しない国はほとんどない」と述べ、
教育分野での差別解消に向けた取り組みを強調したが、まだ反論が不十分だ。

 日本側は中国などの批判の中身をただしたうえで、
もっと具体的に反論すべきだった。日本の国や政治家の名誉にかかわる
誤解を正すことも、外交官の重要な役割の一つである。

----------------------------------

940 名前: マンセー名無しさん 投稿日: 2005/11/10(木) 04:22:26
共同の英語ニュースでは、ディエン氏の今回の報告について
より詳しく伝えられています。

「日本には、社会の伝統と隣国との関係、そして住民の閉鎖性から、いまだ
本当の人種差別と偏見がある。」とディエン特別報告者は委員会で指摘した。

中国と南北朝鮮の代表は、ディエン氏の報告に賛同の声をあげ、
日本に差別を是正するよう求めた。

「我々はディエン氏の発見に賛同する。日本の人種差別と偏見の
実態については、メディアの報道と、我が政府がたびたび受けている
苦情から確認できる」と中国の代表は述べた。

<Japan needs to combat racism, xenophobia, U.N. says>

中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮
中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮
中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮 中国と南北朝鮮

ちなみに国連人権委員会が「独裁者のサロン」であることは有名な話しです。

【人権擁護法案】「意欲あるのは中川政調会長ぐらい」…
賛成・反対両派総崩れで、提出メド立たず
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1131673054/l50

1 名前: ☆ばぐ太☆φ ★ 投稿日: 2005/11/11(金) 10:37:34
★人権法案仕切り直し 賛成・反対両派総崩れ 来年提出メド立たず

・政府が先の通常国会で提出を断念した人権擁護法案は、自民党の賛成・
 反対両派の多くが議論の場から外れ、来年の通常国会提出のメドすら
 立たなくなってきた。賛成派の中心、古賀誠元幹事長が
 党人権問題調査会長を退く一方、反対派は平沼赳夫元経済産業相ら
 有力者の離党や落選が相次ぎ、事実上の休眠状態だ。
 さらに新任の杉浦正健法相が法案内容に異を唱え、議論の仕切り直しが
 避けられなくなった。

 古賀氏の後任には、同じ旧堀内派の鈴木俊一元環境相が就いた。
 鈴木氏は党水産総合調査会長も兼任。これまで人権擁護法案との
 かかわりは薄く、「会長が変わったからといって動き出すことはない」と
 法案提出への取り組みには慎重だ。古賀氏は七月の郵政民営化法案の
 衆院採決を棄権したため党の戒告処分を受けた。党人事では郵政反対派が
 軒並み主要ポストを外れたが、古賀氏も周囲に「党人権問題調査会長を
 やめたい」と漏らしていたという。与党人権問題懇話会でも
 法案提出の音頭を取った古賀氏の影響力低下は避けられそうにない。

 与党懇話会で存在感を見せた自見庄三郎氏は衆院選に落選し、熊代昭彦氏も
 岡山市長選に転進して落選。古賀氏と並ぶ有力者だった二階俊博氏は
 経済産業相として入閣し、主要メンバーは軒並み一線から外れた。
 事情は反対派も同じ。「真の人権擁護を考える懇談会」は、会長の平沼氏や
 古屋圭司氏らが郵政法案に反対して離党し、安倍晋三氏は官房長官に就任。
 議連は新会長選出を目指すが、活動は低調を極めている。

 法案を所管する杉浦法相は、就任会見で「出し方が悪かったという気も
 するし、中身にも問題がある。出直しというところではないか」と述べ、
 現行法案では国会提出は困難との認識を示した。
 小泉純一郎首相は九月、来年の通常国会での法案提出に意欲を示したが、
 構造改革に比べると関心は薄く、「党内で国会提出への意欲を見せるのは
 中川秀直政調会長ぐらい」(ベテラン議員)との声も聞かれる。

 http://www.sankei.co.jp/news/morning/11pol002.htm

【人権】「人権擁護大会・シンポジウム」開催
日弁連主催、11/10-11鳥取市で
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1131551083/l50

人権条例の話はあるのかな、と思ったら。

【社会】「9条で、どの国も日本を侵略しにくく」
「9条改正、"お国のため"とか理解不能な概念蔓延へ」 日弁連人権大会
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1131611817/l50

後日ちゃんとありました。

人権条例「施行までに手直しを」 日弁連会長会見
http://www.nnn.co.jp/news/051110/20051110003.html

 十日から鳥取市内で開かれる日本弁護士連合会(梶谷剛会長)の
人権擁護大会・シンポジウムを前に九日、主会場となる県民文化会館で
記者会見が行われ、鳥取県議会で先月成立した県人権侵害救済条例について、
梶谷会長は「片山知事は『問題点は運用面で配慮する』といわれるが、
明らかな問題点があるなら来年六月の施行までに変えていくのが筋では」と
施行前の手直しを求めた。

 県の条例について日弁連は二日、会長声明を発表し、▽人権侵害救済
推進委員会の行政からの独立性が不十分▽人権侵害の概念があいまい
▽人権侵害の範囲が極めて狭い▽公権力からの救済が不十分−
などの問題点を挙げ、条例の抜本的手直しを求めている。

 会見で梶谷会長は「一番の問題点は侵害行為の概念があいまいなこと。
(加害者の)名前の公表などで二次侵害の恐れがある」と重ねて指摘。
また九日午後、藤井副知事を表敬訪問した際のやり取りについて
県弁護士会の松本光寿会長が言及し、「県もある程度、条例に至らぬ点が
多いという認識があると思われる。知事も気にかけ『運用面で配慮』と
言っているが、制度自体でなく運用面で、というのは日本人的発想。
運用する人間が変われば危うい」とし、「改廃するか、人権教育・
啓発の条例に変更された方がいい」と主張した。

 これに対し、梶谷会長も「県が問題点を認識しているなら
施行までに手直しを。それができないなら廃止の方向に行かざるをえない」と
踏み込み、「地方自治体が罰則で救済するのも一つのやり方かもしれないが、
まず県民の指導啓発に努め、人権侵害が起こらないようにするのが先決」と
条例の性格そのものに疑問を投げかけた。


(VIPまとめより)
▽人権侵害の概念があいまい▽人権侵害の範囲が極めて狭い
んん???
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/2005_20.html
ここかな。

県人権救済条例廃止を
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tottori/news002.htm

 県人権救済条例の成立から1か月たった12日、兵庫県宝塚市の針きゅう師
中西喜平太さん(37)ら県内外の有志約10人が鳥取市内で
条例廃止を求める街頭演説や署名集めを行った。

 この日は午前中、「人権条例はいらない」などと書かれた看板を掲げた
街宣車で同市内を巡回。午後には、JR鳥取駅前で中西さんらが
マイクを握り、「ねばり強く廃止を求めよう」と訴えた。
条例の問題点を列挙したビラも1500枚用意し、通行人に配っていた。

 中西さんのインターネットでの呼び掛けに賛同し、茨城県土浦市から
駆け付けたソフト開発会社経営、紺野究さん(34)は「心の内までも
監視する危険な条例。問題点を知らない県民が多いように感じるが、
最悪の場合を想像してほしい」と話していた。

 中西さんらは、13日も米子市内で同様の活動をする。また、12月には
協力者を募る集会を、来年1月には条例推進派を招いた討論会を
それぞれ開く計画を検討中で、「条例の是非について論議を深め、
問題点を浮き彫りにしたい」としている。

57 名前:エージェント・774 投稿日:2005/11/14(月) 18:46:00
「鳥取県議会・会派『清風』が今月開催の定例県議会での
人権条例修正に向けた論議を表明」夕方のNHKローカルニュースより

974 名前:マンセー名無しさん 投稿日:2005/11/14(月) 19:59:41
「施行前に修正検討」 人権条例で県議会最大会派
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051114-00000181-kyodo-soci

差別や虐待からの救済を掲げた鳥取県の人権侵害救済条例について、
県議会最大会派「清風」会長の石黒豊県議は14日会見し
「無修正で来年6月に施行するのは、少し危険かもしれない。
修正も検討する」と述べた。

 石黒県議は「県内外から多くの異論が寄せられている」と条例への
批判が多いことを挙げ、「廃止するつもりはないが、できれば修正をして
“これならば”という条例にしたい」と施行前の修正を示唆した。

県弁護士会などが指摘している条例による人権侵害や
報道規制の可能性に関する修正を例に挙げた。

 ほかの会派は「実際に運営して問題があれば見直すが、現段階での見直しは
決まってない」などとしており、実際に修正作業に入るかは微妙な情勢。

147 名前: 以下、VIPがお送りします 投稿日: 2005/11/13(日) 15:53:35
今後、人権法に関わりを持つであろう役職に就任された議員さんたちです。
ヒマな時にでも凸をお願いします。

■杉浦正建 法務大臣(自虐史観の人)
http://www.seiken-s.jp/form.html
TEL:03-3508-7124 FAX:03-3597-2771
info@seiken-s.jp

■河野太郎 法務副大臣(外国人参政権反対派)
http://www.taro.org/contact.html
TEL:03-3508-7006 FAX:0463-36-7778

■鈴木俊一 自民党人権問題調査会長
TEL:03-3508-7314 FAX:03-3502-5880

■木村仁 自民党法務部会長(外国人参政権反対派)
TEL:03-3508-8620 FAX:03-5512-2620
hitoshi_kimura01@sangiin.go.jp(東京事務所)
  TEL 096-340-0228 FAX 096-340-0226
  kimurah@ad.sysken.or.jp(熊本事務所)

■中川秀直政調会長(人権法案推進派)
TEL:03-3508-7295 FAX:03-3508-3505
h03056@shugiin.go.jp

■石原伸晃 衆議院法務委員長(都知事、西村真悟氏と近いらしい)
ソース http://dentotsu.jp.land.to/seisaku_jimin10.html#jimin472
http://www.nobuteru.or.jp/feedback/iken.html
TEL:03-3220-1331 FAX:03-3593-7101
nobuteru@nobuteru.or.jp

■衆議院法務委員会 自民党メンバー
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1126491236/477-478

現在発売中の「正論」12月号に
城内実 前議員のインタビューが掲載されています。

タイトル <敗北すれども我が志は死なず>
全7ページ。
前半が郵政法案&選挙について。
後半で人権擁護法案についてたっぷり語ってくれてます。

この記事については何故か広告にも表紙にも載っていないので、
知ってる人は少ない→ネットでも話題になっていないようです。

タイトルからもわかるように
城内さん、前向きです。
ぜひお読みください。

このような報告もありました。

395 :KN ◆.E2Y/4Nums :2005/11/02(水) 16:54:29 ID:r/28txiu
鳥取県庁の人権局に電凸したよ。
俺がどうしても聞きたかったことがあった。

人権擁護法案に反対する運動をしたり発言をしたりした人を
鳥取県在住の人権活動家などが「あれは差別を助長しようとしている」と
県の人権救済委員会に訴え出た場合、調査などが行われるのか?
そうした調査を恐れて人権擁護法案に反対する言論が萎縮する可能性は
あるのではないか?

答えは
そういう場合でも、人権法案反対派の国会議員やジャーナリスト、
一般人に対しても鳥取県人権救済委員会による調査が行われる可能性は
もちろんあるとのこと。そうした可能性を恐れて言論が萎縮する
可能性についての質問には、無言。
やっと「運用面でそういうこと無きようにします」と答えたので
「じゃあ条文的にはそういう可能性あるんですね?」と聞いたら
また無言・・・・

鳥取人権侵害救済条例が通れば、人権擁護法案反対運動は潰されるぞ! 今、
鳥取県には在日なりすましが大勢住民票を移動させているという噂もある。


11月11日23時更新

●新しい法務部会長

495 名前: 以下、VIPがお送りします 投稿日: 2005/11/09(水) 00:17:22
自民が役員・部会長を決定

 自民党は8日、総務局長に遠藤武彦氏(山崎派)、人事局長に
中原爽氏(津島派)、経理局長に山本有二氏(高村派)、広報本部長に
木村義雄氏(山崎派)の起用を決めた。政調の部会長は次の通り(敬称略)。
内閣、木村勉▽国防、新藤義孝▽総務、佐藤勉▽法務、木村仁
▽外交、山本一太▽財務金融、江崎洋一郎▽文部科学、松野博一
▽厚生労働、大村秀章▽農林、西川公也▽水産、常田享詳
▽経済産業、松島みどり▽国土交通、宮沢洋一▽環境、佐藤昭郎 (21:04)

http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20051108AT1E0800N08112005.html

498 名前: 徒然 ◆nump1s4LVs 投稿日: 2005/11/09(水) 01:00:24
法務部会長 木村 仁氏について。

熊本選出の参院議員。旧橋本派。
外国人参政権議員会所属で外国人参政権反対派。
北朝鮮経済制裁賛成派。

03/09/23 日本会議による『夫婦別姓反対・
国立追悼施設反対の請願署名』に賛同。

499 名前: 徒然 ◆nump1s4LVs 投稿日: 2005/11/09(水) 01:09:30
木村仁氏は、参院2期目だが、
昨年再選された、所謂「若手」なんで、

推進派に強行採決とかやられたら止められないかもしれない。
まだ具体的にどんな人かも判らんし・・・。

だからこそ、徹底した激励凸を施さすべき。


(VIPまとめより)
木村仁(ひとし)法務部会長、どちらかと言えば反対派に近いかな?


東京事務所
TEL 03-3508-8620 FAX 03-5512-2620
hitoshi_kimura01@sangiin.go.jp

熊本事務所
TEL 096-340-0228 FAX 096-340-0226
kimurah@ad.sysken.or.jp


2005年5月10日 連休明けの国会
http://www.sysken.or.jp/kimura/now/20050520.html

人権擁護法案
 もう一つ、問題の法案があります。人権擁護法案がそれ。人権侵害、
虐待、差別助長行為などを撲滅するため、人権委員会を法務省に設置、
全国に人権擁護委員を配置して、人権問題の指導、啓蒙普及、事件の調査、
調停、仲裁、訴訟支援などを行おうとする法案です。この法案への期待も
大きいのですが、一方では、報道機関への介入・規制を外せ、
人権委員会を法務省に設置するのは反対等の反対論があるほか、
人権擁護委員に外国人が 就任することが出来るのはおかしい等々、
いろんな異論があって、まだ、自民党内部の意見の調整が済んでいません。
 法案が提出されるかどうか、提出された場合どのような審議になるのか、
これも終盤の国会の問題の一つです。


参議院憲法調査会 平成十四年七月十七日
http://www.sangiin.go.jp/japanese/kenpou/keika_g/154_09g.htm

○木村仁君 自由民主党の木村仁でございます。
 本日は、両参考人から人権擁護活動の実践に基づく極めて貴重な
御意見をいただき、ありがとうございました。
 日弁連の、特に人権擁護委員会を中心とする人権擁護活動に
敬意を表しながら、せっかくの機会でございますので、二、三の点について
御質問をいたしたいと思います。
 最初に、人権救済機関の在り方の問題でございます。
 国際人権(自由権)規約委員会の報告は、人権救済機関として
政府から独立し、公権力による人権侵害をも実効的に救済できる
人権救済機関を設置すべきであると、こういうことを答申いたして
おりまして、勧告しておりまして、どうもまだ日本はそれで十分でないと、
むしろ韓国等の方がちゃんとした機関を作っているというようなことの
ようでございます。ちょっとお尋ねをいたしたいんですけれども、
この政府から独立した人権救済機関というのはどのような立場に
立つんだろうか。日本では、憲法上、国家権力は立法、司法、行政の
いずれかに分け与えられていると、それ以外の国家権力というものは
ないわけでございます。したがって、北欧のように、北欧のオンブズマンの
ように立法府に属するのか、あるいはむしろ司法に属するのか、
あるいは行政でもまた人事院のような状態で置くことがよろしいのか、
その辺りはどうであろうかと。例えば委員の任命、
そしてフランス革命のように、この機関自身が暴虐な機関になることも
可能なわけでありますから、それに対する民主的統制はどのように
考えるんだろうかということ。御答弁はいずれの参考人でも
結構でございますから、よろしくお願いします。

○会長(上杉光弘君) どちらにお答えいただけば、
いずれもという、お二人ともですか。

○木村仁君 いいえ、お一人で結構です、いずれでも。

○会長(上杉光弘君) じゃ、村越参考人。

○参考人(村越進君) おっしゃるとおりでございまして、日本の場合に
こういう人権救済機関を作った場合、行政、司法、立法、
どこに所属するのかという問題はございます。
 実は韓国に六月初めに日弁連の調査団を派遣して、今報告書を
まとめているところなんですが、韓国の国家人権委員会はその三権の
いずれにも属さないんだというような説明を受けておりまして、
なかなかそれは日本ではちょっと考えにくいなと。私どもとしては、
これはやはり行政に属するしかなくて、国家行政組織法三条の
独立行政委員会という在り方、それはそういうものであろうというふうに
理解をしております。問題は、その中身、実態がどうかということで
あるという考えでございます。


>○木村仁君
>フランス革命のように、この機関自身が暴虐な機関になることも可能
>○参考人(村越進君)
>実は韓国に六月初めに日弁連の調査団を派遣して
>韓国の国家人権委員会はその三権のいずれにも属さない


電凸しました。
東京事務所 TEL 03-3508-8620

木村先生事務所:今、海外に出張中なんですよ。
VIPま:あ、海外ですか。
木村先生事務所:電話があったことはお伝えします。
VIPま:私はこの法案に反対ですので、そのようにお伝えください。

電話のハンズフリー機能を使って、録音しようとしましたが、
私の声と受話器の音量がバランス悪くて、うまくいきませんでした。
マイクと録音機(パソコン、ラジカセ等)があればできる方法です。

475 名前: 以下、VIPがお送りします 投稿日: 2005/11/08(火) 20:54:57
これが本当なら兵頭二十八と連携できないかね?
これから正論今月号を買ってくるわ。

705 :名無しさん@6周年:2005/11/08(火) 20:52:40 ID:NsF8Lx5l0
>>696
立ち読みなんでうろ覚えだが、正論の今月号の巻頭で軍学者の兵頭二十八が
人権ファシズムに対抗すべく国際活動をやる、というようなことを書いてた。
すでに必要な人材は揃えたらしい。

614 :若鹿 ◆YIPh4AQDA6 :2005/11/06(日) 08:11:07 ID:I5D9dHg60
すべてのネットレジスタンス達へ

「中の人」からの報告によると鳥取県庁あての条例賛成メールが
抗議メールを上回ったとのこと。もし、本当に鳥取県民が心から
「差別され泣き寝入りしている多くの人々」を救いたいのならしかたない、
しかし、そんな人はどこにもいないではないか、

組織票でも票は票とされてしまう、自分の頭で考え、心で感じて、反対ならば
抗議メールをして欲しい。誰かがやってはくれない、いま君がやれ。

来年以降も言論の自由を保持したいのなら、インターネットで自由に
発言したいのなら、今、君が行動しろ。テレビも報道しないし、
政治家も発言しない。しかし、全国の人達が「鳥取」を注視している。
がんがれ。鳥取をあきらめない。

●読者さんのご意見

福岡県議会議員にも法案反対の勇士が
(なめ猫♪さん)

最近出版され大評判の『同和利権の真相C』(別冊宝島リアル)を一読し、
共産党とはいえ、タブーに斬り込む勇気には脱帽する思いです。

反面、保守系はどうしてるんだと思っていましたが、ついに福岡から
人権擁護法案に反対する若き勇者が現れました。福岡県議会議員の鬼木誠氏
(福岡市中央区)です。弱冠33歳。(VIPまとめ註:43歳となっていましたが、間違いでした。)

所属会派は緑友会・新風、自民党と連携する農政連の先生たちです。

北朝鮮拉致被害者救出の集会にもお見えになられたことがあります。

こういう議員さんが身近にいらっしゃったことに大変驚きを感じ、
喜んでいる次第です。

福岡県はご存知のように部落解放同盟が西日本鉄道・九州電力・
西日本新聞などと深いつながりがあり、福岡を代表する神社の箱崎宮ですら
松本龍氏ベッタリとのことです。自民党も解放同盟には無力です。

しがらみにとらわれない政策本位の若い議員さんをこれからも
是々非々で応援していきたいと思います。

http://www.onikidon.com/index.html おにきどんドットコム

▼▼引用開始▼▼

今月の国民投票「人権擁護法案、是か非か?」

ここ数週間、「人権侵害救済条例に反対してください!」というメールが
続々と私のもとに届いています。福岡県でこのような条例ができようと
しているなどという話は聞いたことがなかったため、慌てて議会事務局に
確認しました。県の動向、知事の見解については、10月19日の知事定例会見を
ご覧ください。以下抜粋。

(記者)10月12日に鳥取県で「鳥取県人権侵害救済推進及び
手続に関する条例」が成立しましたが、福岡県ではどのようにお考えですか。

(知事)検討してません。国ベースでつくろうという動きは
ずっとありまして、これは我々もつくるべきだという考え方で
臨んできましたが、県ベースでつくろうという考え方は今持っておりません。

現在の私の見解としては人権擁護法案には反対です。強い権限を持った
人権委員会が、自分の所属団体や思想に都合の悪いことを言う人を
取り締まることも可能だからです。差別や虐待で苦しむ人を救わなければ
ならないのは当然のことですが、運用次第では人権の名のもとに
自由な言論が封鎖される危険性を孕んだ法案だと思います。

よくあることなのですが、厳しい取り締まり制度ができれば
全てが良くなるというのは幻想です(例えば政治資金規制法など)。
大事なのは対象となる人の心の持ち方や、立法の趣旨に即した法の適切な
運用なのですが、歪んでいることが多いように感じます。
皆さんのご意見をお待ちしております。

▲▲引用終了▲▲

★ホームページ上で法案に対する賛否の投票を行っているので、
お願いします。http://www.onikidon.com/index.html

それ以前の最新情報

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー